start
酵母起こし
もと種づくり
ぱん生地づくり
成形
焼く
こねた生地が種が倍になります。 これに生地にぱんちをくらわせ、ガス抜きをします。しゅう...という音をたてて、生地はみるみるしぼんでいきます。再びこねます。今度のこねはガスをぬくためのこねです。こねているときゅっ、ぷちっと音がします。この行程が、中の気泡を均一にするためのもののようです。 では、気泡を気にしなければこの行程はいらないのか? どうも、膨らみに高さをもたせたいときにはいるような気がします。酵母の力が増すようなのです。 ビザなど、平らにのばすタイプの生地はこの行程がないですよね。

 

 

生地が

 

 

倍になりました
中身はみごとな蜂の巣状
ぱーんち
まんべんなくぱんちしてしぼみました
台に取り出します
べたつくようなら打ち粉を。
ガスをぬくようにこねます
きゅっとか、ぷちっとか音がします。
成形。焼きたい形にしたら生地の口をぎゅっとふさぎます
ふさいだ口を下にして
成形完了
表面に粉をつけて
このまま置いて二時発酵開始
2時間〜6時間くらいで1.5倍ほどに。発酵完了