ブログ

夏の長熟パン発酵

梅雨が明けて本格的な夏日和。
暑いとパン作りの発酵の進みが早い!加速度的に早い。

ほんとは36時間ほどかけたいのです。酵母の他に、パンを美味しくする様々な菌がいっしょに育つようなので。乳酸菌などの、ぬかみそでも育つ菌ですね。

温度と湿度の高さにまかせて、かけたい時間よりもかなり早く仕上がってしまうパン生地。まさに今焼けとばかりによい気泡ができてます。しかし。これで焼くとやはり、発酵に時間がかかったパンよりも旨味が?な感じがいたします。

そこで奥の手。もう夏は冷蔵庫に入れて、発酵時間引き延ばし!

発酵時間をかけたパンは美味しさとともに、食べやすさ・なめらか感も加わるようです。

あと、世の中いろんな作り方のさまざまな発酵時間のパンが存在します。
みなそのパンのベストの手順で作られているので、パン全てをとにかく長熟、というものではないと思います。

うちのリーンな自家製酵母パンおお話ですので。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

0