ブログ

パンが好き

そもそもパンが好きで始めたパン屋。
世の中にあるどんなパンも好きです。
あたたかみのあるまるいほわっとしたパン、お菓子みたいにチョコのかかったさくさくデニッシュなど。
見ただけでうれしくなります。そして、食べて更に幸せ。
もちろん、うちのパンのような嚙み応えのあるハードパンも大好き。そもそもこの手のパンがあまり手に入らないから自分で作れるようになったのが始まり。
作ってみると、粉と塩と酵母と水だけというシンプルな素材で作ったものがハードパンになることがわかり、これは身体にも負担がないかも、と思いました。
寄る年波に、好きなのに乳製品がだめ、カロリー摂りすぎ気を付けよう、という体質があらわになってきて、残念、こういうものは外で人と合ったり、や、ご褒美などに取っておいて、普段は摂りすぎないようにしよう、と。こういうことになったとき、極力シンプルな素材でできているものは、普段食べに最適。調整がつきやすい。
と、なんとも作っているものが自分の身体のためにもよい事態になりました。

もとのパンに入っていなければバター、油も気兼ねせずたっぷりつけられる。
少ない素材でつくりあげたパンは、素材そのものの味がわかる。つまり粉の味を楽しめます。
固さ。油脂や砂糖を入れないと、固いパンになります。
まずはスライスして食べましょう。せめて手でちぎりましょう。そのままがぶっ、は上あご注意です。
そしてそして、スライスしたパンの表裏に水をじゃっとかけます。こんな、柔らかパンにはできない荒っぽい扱いもOK。それをトースター、や魚焼きグリルであぶります。水気がとれたくらいで取り出せば焼きたてっぽくもちもち食べられます。トーストがお好きな場合はこんがり焼き色をつけてください。
いずれにしても、冷めた常温の状態よりも、はるかに柔らかく、食べやすくなります。
私なぞはぐいっと固いのをひきちぎりたいたちですので食いちぎってますけど。それもいつまでできるかってのはあります。人生の大先輩がたが、昔はこういうパン好きだったのに、歯がねえ、とお話されるのを聞くと、そうか、そうね、とも思うわけです。今は食べたい食べ方を楽しもう。そして、歳をとったら食べやすいように火を入れようと思います。
しかしながら。ふわっとやわらかいパンのほうが食べ出のあるみしっとしたハードパンより結果カロリーが高いというのは見た目に反して、ですね。
ハードパンはよく噛まなければいけないので、その点でも、満腹感が得られやすいようです。やわらかいパンは食べやすいので確かにすぐに食べ終わってしまって、物足りない気持ちになってしまったりします。
食べたいパンはみなさん日々いろいろと思います。自分が今日、食べたいパンを食べましょう。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

0